イラレで切り抜いたSVGが冗長?!

皆さんそうだと思うのですが、イラレで切り抜くときはcmd + 7(クリッピングマスク)を使いますよね。
パスの形はなんでもいいですが、重ねて選んでcmd + 7です。

今回は日本地図の一部地域だけをSVGで切り抜きたかったので、イラレでeps開いて矩形を重ねていつも通りクリッピングマスクを作成。
その後アートボートをオブジェクトサイズに縮小してSVG保存です。

ところが書き出したソースを見るとすごく長い…切り抜きしたはずの外のエリアのパス記述がしっかり残ってしまうようです。トホホ。

どうもイラレで切り抜いてSVGにする場合は「クリッピングマスク」でなく本当の「切り抜き」(パスファインダー)を使うようですね。
これなら領域外のパス情報が本当に消されるため、SVGのソースにも出てきません。

ここで注意点を一つ。
パスファインダーの切り抜きだと「塗りのないパス」は消えてしまいます。
切り抜く前にパスのアウトライン化をしておきましょう。