ついにPythonはじめました

最近たまにPythonを書くことがあるのですが、新しい言語のせいか使い勝手がよいです。
昔はC言語を書くほどでないものはPerlかAWKを使っていたものです。例えがかなり古いですがそれらと比べると本当に便利です。
(いやAWKはいまだに使うか)。

しかしちょっとクセがあります。

まずswitch-case文がない。
正直驚きました。まあ他の書き方で代用できるのでいいのですが、どうしてないのでしょうか。

それとNOPが書けない。
関数内や分岐内で「処理を書かないでいる」とエラーになります。
代わりに「pass」を書けば大丈夫です。
最初はコメント文があるのがエラーかと思って面食らったのですが、コメント文だけでないもしないからエラーなんだそうです。
どうやらインデントに意味がある言語ではそうなってしまう宿命のようですね。へえー。

あとはやっぱりインデント…
Emacsだとtabキーで自動インデントなのにPythonはインデント自体に意味がある… だからインデントが動いてしまって予期せぬエラーに。

Emacsでtabを打ちまくる変な癖を直せばいいのか。
いやEmacsの設定をやりなおせばいいだけか。