Webで数式

なんとなくJetpackを見ていたら見つけてしまった、\LaTeXの記述を!!
今まで数式の記述はGoogle APIを使っていました。理由は手軽にTeXの記述方法が実装できるからです。

昔からWebではMathMLだと言われ続けてきましたが、TeXを経験するとあの記法はちょっとやる気が起きません。なので自力でdviから画像を作って画像として実装していました(対応ブラウザの問題が全然クリアにならないので画像がベストだと判断)。

ある日、何かのきっかけで奥村さんのWebを見ているとGoogle APIでTeXが使えると書いてあったので、半信半疑で試すと、あっさり実装できてしまった。それ以来ずっとこれを使っていたのですがWordPressにはすでに”Beautiful Math”があったのですね。いや、びっくり。

\displaystyle \int_{-\infty}^{\infty} e^{-ax^2}dx = \sqrt{\frac{\pi}{a}}

おお、displaystyleも使える!!
iPhoneで見たらRetinaでもぼやけてない!すごい!!

ちなみに私は\TeXを「テック」と読む派でした。皆さんはどっちでしたか?

あ、そういえばMathJaxをたまに聞くけど試したことがないですね、どうなんでしょうか。